FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

(ProgramGuide) Basics of Drawing

画面を開く

Canvas型の変数を宣言してください。自動的に画面が確保されます。

Canvas display(1024, 768, 32, 60.0);

点を打ちたい

Point型の変数を宣言して、setメソッドで座標を指定した後に、Canvas::pixメソッドを利用して点を描画してください。Canvas::pixメソッドのプログラム例を参照してください。

display.pix(100, 100, Color::red);

線を引きたい

Canvas::lineメソッドを使用してください。

display.line(200, 0, 300, 50, Color::blue);

四角形を書きたい

Canvas::rectメソッドを使用してください。

Rectangle rect(50,50);
display.rect(rect, Color::blue);

円盤を書きたい

Canvas::ovalメソッドを使用してください。

Rectangle drawingRegion(50,50);
display.oval(drawingRegion, Color::blue);

メモリに描画したい

まずImage型の変数を宣言します。宣言した変数からsetメソッドを呼んで大きさを指定し、drawを用いて描画してください。

Image img;
image.set(100,100);
img.clear(Color::gray);
img.draw(100,100);
更新日時:2010/04/11 18:39:41
キーワード:
参照: