FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

更新履歴

Libraries

  • 2.0.1
    • <fix> Input::refreshでMouse::yとMouse::yを0にするようにしました
  • 2.0.0
    • <add> OpenCVを標準添付しました
    • <add> Image::loadでJPEGが読み込めるようになりました
  • Mac版 ver. 1.5.2 2010/12/07
  • Win32GL版 ver. 1.5.2 2010/12/07
    • <fix> Input::Refreshが効かない問題を修正
    • <fix> Mouseポインタが消えないバグを修正
    • <add> Mouseポインタの調整機能の付与
    • <fix> Devices::AnalogOutput_NIDAQmx系統の修正
    • <fix> NIDAQバージョンの変更に伴う修正に対処
    • <fix> Mac版のインストーラの10.6対応(要確認)
    • <fix> Windows版インストーラのC::B10.5対応
  • Mac版 ver. 1.5.0 2010/04/07
  • Win32GL版 ver. 1.5.0 2010/04/07
  • Mac版 ver. 1.3.6 2009/11/15
  • Win32GL版 ver. 1.3.6 2009/11/15
  • source code
    • <fix> 1.3.5はLeopard以外に対応していないため廃版としました
    • <fix> Snow Leopardに対応しました。プロジェクトファイルの作り直しが必要です。
    • <fix> QuickGaborがImage.alphaに対応していなかった問題(1.3.0〜)を解消しました
    • <add> その他便利コード追加
  • Mac版 ver. 1.3.5 2009/10/31
  • Win32GL版 ver. 1.3.5 2009/10/31
  • source code
    • 詳細はChange in Psychlops 1.3.5を参照ください
    • <add> Image.to(Matrix)に座標指定機能追加。基本的にMatrixは警告なしで作り直しする
    • <add> Fontのコンストラクタで(フォント名, サイズ, 太さ, スタイル)の順番を追加
    • <add> Mouse::getWheelDelta()
    • <add> Matrix.relese()
    • <mod> Letters.setDatum -> Letters.locate
    • <add> Letters.string(char*)はローカルの日本語エンコード(ShiftJIS, MacJapanese)を読むように
    • <fix> Display::varを修正
    • <fix> (OSX) 右クリック、中クリックを使えるように
    • <reg> (OSX) shift, ctrl, altのreleaseが使えなくなった
    • <fix> LettersImageのキャッシュ保持・消去タイミングに由来するハングアップを修正
    • <fix> マルチディスプレイサポートが機能していなかったものを修正
    • <fix> デモコンソールで水準指定型の変数を変更すると落ちる
    • <fix> (OSX) Lettesに空文字列を入れると落ちるバグの修正
    • <fix> (OSX) Window表示時にAUXバッファが確保されていないバグを修正
    • <add> Widgets::Console
  • Mac版 ver. 1.3.3 2009/10/01
  • Win32GL版 ver. 1.3.3 2009/10/01
  • source code
    • 詳細はChange in Psychlops 1.3.5を参照ください
    • <mod> ソースコード共通化・ 内部的フォルダ配置の変更
    • <fix> Image, Lettersをグローバルに置く場合のバグ修正
    • <fix> Shape系のcenteringでコンパイルが通らない問題を解決
    • <add> Shapeはデフォルトの塗り色、ストロークを持つよう改めた
    • <add> Independent.changed()
    • <fix> デモコンソールの変数選択で一番上で上キーを押した場合
    • <fix> (Win32GL) ウィンドウ表示時に透明度が出ないバグを修正
  • Mac版 ver. 1.3.0 2009/07/20 : source code
  • Win32GL版 ver. 1.3.0 2009/07/20 : source code
    • 詳細はChange in Psychlops 1.3を参照ください
    • <mod> Imageにおける透明度の取り扱い変更
    • <mod> (OSX) AGL.frameworkをインポートするよう変更
    • <mod> Range型の名称変更
    • <mod> 実験メソッド法 ExperimentalMethods / Procedure の統合と仕様変更
    • <fix> Canvasの防御機構の導入
    • <fix> 例外送出による強制終了の安全化
    • <add> ウィンドウ表示、マルチディスプレイのサポート
    • <add> Figure / Shape関係のクラスの新設
    • <add> Keyboard / Mouse の命令簡素化
    • <add> SVGCanvasクラス(仮)
  • Mac版 ver. 1.2.4 2008/11/05 : source code
  • Win32GL版 ver. 1.2.4 2008/11/05 : source code
    • 詳細はChange in Psychlops 1.2を参照ください
    • <fix> ビデオカードごとの色丸めこみアルゴリズムの差異を吸収しました
    • <fix> random関数のライブラリdSFMTのバージョンを1.2.1から2.0としました
    • <add> Xcode 3.0に正式に対応しました。
    • <add> Stroke型を追加しました
    • <add> 多言語文字表示をサポートしました
    • <add> Bits++ monoモードへの対応をビルトイン化しました。テスト台数が少ないため、皆様からの報告をお待ちしております。
    • <add> さまざまな小物を追加しました。これらは後々変更の可能性があります。
    • <mod> ほとんど使われていない機能についてユーザプログラムの修正が必要な変更を加えました
  • Mac版 ver. 1.0.2b 2008/08/22
    • <add> Xcode3.0に対応しましたが、検証数が充分でないためレポートを募集しております。Xcode3.0より10.3.9sdkが削除されたため、10.3対応バイナリは生成できなくなりました。2.5では引き続き生成できます。
  • Win32GL版 ver. 1.0.2 2008/04/22 : source code
  • Mac版 ver. 1.0.2 2008/04/22
    • <fix> Imageの初期化時にImage.clearしようとすると落ちるバグを修正しました
    • <fix> libpngのバージョンを1.2.25にアップデートしました。
    • <fix> [Win]Code::Blocks 8.0.2対応テンプレートに差し替えました。
    • <add> [Win]Visual C++ 2008 (VC9)版を追加しました。
  • Mac版 ver. 1.0.1 p1 2008/03/20
    • <fix> 言語環境を日本語以外にしたとき、および実行ファイルのパス名に日本語が含まれる場合に起動できないバグを修正しました。
  • Mac版 ver. 1.0.1 2008/03/14
  • Win32GL版 ver. 1.0.1 2008/03/14
    • <fix> Image.release()等Imageの解放時に、実際は解放されないミスを訂正しました
    • <fix> Windows版で、Image.quicken()の適用時に座標が0.5 pixelずれるミスを訂正しました
    • <fix> ソフトウェアガンマ適用時に、Image.getPix(), Image.quicken(), Image.convert()で補正が二重にかかるエラーを訂正しました
    • <add> Point.centering(Rectangle target)
    • <add> Image.getLeft(), Image.getRight(), Image.getTop(), Image.getBottom()
      • Imageの各グローバル座標を得ます
  • Mac版 ver. 1.0 2008/02/14
  • Win32GL版 ver. 1.0 2008/02/14
    • <add> Color.get (double r, double g, double b, double a)
      • r, g, b, aの各変数にColor型の中の値を吸い出すことができます。
    • <mod> Color::setGammaValue(double r, double g, double b)
      • Windows版でハードウェアガンマ補正機能を利用できるようにしました。Color::setGammaValueを指定すると、
        • まず最初にハードウェアガンマ補正が利用できるかどうか確かめる
        • それに失敗した場合ソフトウェアエミュレーションに切り替える
      • という動作を行います。ハードウェアガンマが利用不可能な場合実行を停止することもできます。
    • <mod> Canvas.msg(const char* string, const double x, const double y, const Color col=Color::white, const int align=TEXT_ALIGN_LEFT, const double max_width=-1.0);
      • 文字列中の改行を認識するようになりました
      • Canvas::TEXT_ALIGN_LEFT, Canvas::TEXT_ALIGN_CENTER, Canvas::TEXT_ALIGN_RIGHTを指定することで、文字詰めの方向を指定できるようにしました。この機能は仮実装です。
      • 文字表示の最大幅を指定できるようにしました。この機能は仮実装です。
  • Mac版 Release Candidate 3 2007/11/29 Xcode ~2.4 for Tiger / Xcode 2.5~ for Tiger
  • WinGL版 Release Candidate 3 2007/11/29
  • Mac版 Release Candidate 2 2007/08/13
  • WinGL版 Release Candidate 2 2007/08/13 : source code
    • <fix> Canvas.flip(int duration)の表示時間の不具合を修正しました。
    • <fix> Image.centeringとRectangle.centeringの整数化時のずれを解消しました。
    • <add> Imageに描画関数、コピー関数を追加しました。
      • Image.line(double x1, double y1, double x2, double y2, Color &col)
      • Image.line(Point &po1, Point &po2, Color &col) po1, po2を端点とする直線を描画します
      • Image.oval(Rectangle &rect, Color &col) 指定長方形の内接楕円を描画します
      • Image.from(Image &target) targetを自身に複製します。
      • Image Image.dup() 自身の複製を作成します。
      • Image Image.duplicate() 自身の複製を作成します。
      • Image& Image.convert(PixelComponentsCnt pixcompcntval) 自身のGRAYSCALE / RGB / RGBAモードを変換します。
      • Image& Image.quicken()を強化し、スプライト化可能容量をVRAMの許す限りの限界まで使えるようにしました。
      • Image& Image.quicken()ですでにスプライト化したImageでも、もう一度使うことで上書きできるようにしました。
      • Image& Image.quicken(false)の書式でスプライト化を解除できるようにしました。
    • <add> AppState クラスを追加しました。プロセスやスレッドに関してOSと通信します。
      • AppState::setThreadPriority( ThreadPriority )
      • ThreadPriority AppState::getThreadPriority( )
    • <prototype> 実験条件割り当て自動化システムExperimentalMethodのプロトタイプが入っています。ご興味のある方はお試しください。
  • WinGL版 Release Candidate 2007/03/12
    • <fix> Canvas.flipに関する動作を全般に改良しました
    • <fix> Rectangleの配列をグローバル変数として確保すると実行時に落ちる問題を解消しました。
    • <fix> Canvas.to(Image)を動作するようにしました
    • <fix> Canvas.copy(Rectangle source, Rectangle target)を動作するようにしました
    • <add> File::decodePath(std::string)を追加し、ファイル名の最初にパス指定子をつけることで適当なフォルダのファイルを読み書きできるようにしました。Data::savearray, Image.save, Image.loadから利用できます。
  • Mac版 Nightly build 2006/09/20
  • WinGL版 Nightly build 2006/09/20
    • <add> Image.load(const char *filename), Image.save(const char *filename)追加。.pngのみ対応 それ以外の拡張子、ファイル種別では例外を送出。Winodws版ではテンプレート変更とプロジェクトの作り直しが必要です。
    • <improve> Image<BYTE>の描画で小数点の丸め込みを切り捨てから四捨五入に変更。一般的なビデオカード/OpenGLの動作に近くなりました。
  • Mac版 Nightly build 2006/02/24
    • <modify> WinGL版との共通化のため、エントリポイントが変更になりました
      • (旧)int main() ... return 0;
      • (新)void psychlops_main() ... (returnは必要ありません)
    • <bugfix> Image型で一部fix済みバグが再混入していたものを修正
  • 2006/03/16
    • <bugfix> Imageのメモリアラインメント問題を解消
  • 2006/03/08
    • <modify> MacOSX 10.4 / 10.3.9版の配布パッケージの分離
    • <bugfix> MacOSX 10.4 / intel Mac(未検証)への対応
    • <modify> コンパイル時最適化設定の改善
    • <modify> MacOSX 10.4版でのテンプレート変更
      • ビルド時に10.4用静的ライブラリ(デフォルト)、10.4用動的ライブラリ、10.3PPC用静的ライブラリからリンクターゲットが選択可能に
      • デフォルトのビルド構成をDebugからReleaseへ変更
      • デフォルトで再配布可能パッケージを生成
    • <modify> MacOSX版はインストーラはディスクイメージを経由せず直接配布する形式に
    • <bugfix> Canvas::flip(double)はコンパイル時にエラーとなるよう変更
  • WinGL版 Nightly build 2006/02/24
    • <bugfix> Image型で一部fix済みバグが再混入していたものを修正
    • <notify> (Win32) Introduction::WinGL版を手動インストールした方へ
更新日時:2015/10/30 18:26:59
キーワード:
参照:[SideMenu]