FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

Psychlops Wiki - File 差分

  • 最後の更新で追加された部分はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された部分はこのように表示します。

! 概要


! 関数

!!! void File::decodePath(std::string)

savearray, Image.load等のデータパスはデフォルトでは
** Mac:"~/Documents/Psychlops"
** Win:実行ファイルと同じパス
になっています。

ファイル名の最初にパス指定子をつけることで、適当なフォルダのファイルを読み書きができます。
* Data::savearray
* Data::loadarray
* Image.save
* Image.load

以下のように指定します。

{{syntax_highlight('cpp')}}
image.load("%APP%face.png");
Data::savearray("%USER_DOCUMENTS%mygreatexp/log.dat", "Result", 100, results);

パス指定子は以下のとおりです。
* %APP%
** Mac:実行バンドル(.app)と同じパス
**Win:実行ファイル(.exe)と同じパス
* %RESOURCES%
** Mac:実行バンドルの内部のResourcesフォルダ
** Win:実行ファイルのパスの直下のrscという名前のフォルダ
* %USER_HOME%
** Mac:"~/"と同じ(/Users/(user)/)
** Win:ユーザープロファイルフォルダ(C:\Documents and Settings\(user)\)
* %USER_SETTING%
** Mac:"~/Library/Psychlops/"
** Win:"%AppData%Psychlops\"
* %USER_DOCUMENTS%
** Mac:"~/Documents/Psychlops"
** Win:ユーザープロファイルフォルダ\My Documents\Psychlops
* %USER_DOCUMENTS_ROOT%
** Mac:"~/Documents"
** Win:ユーザープロファイルフォルダMy Documents\