FrontPage  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

Psychlops Wiki - 検索結果

  • リファレンスマニュアル - [!!! Graphic]
  • Figures - [キーワードに一致 Graphic]
  • Canvas - [キーワードに一致 Graphic]
  • Image - [キーワードに一致 Graphic]
  • Stroke - [キーワードに一致 Graphic]
  • (TechnicalNote) Programmable shaders for visual stimuli - [ 近年、市販のパーソナルコンピュータには画像処理用の計算機 (Graphic Processing Units; GPU)が標準的に搭載されるようになった。この計算機は、画像処理に限れば一般的なコンピュータ用計算機(CPU)の数十倍の時間当たり計算能力を持つ。視覚刺激の提示には多くの画像処理を必要とするため、GPUを利用することで高速に刺激を演算することが可能になる。高速に刺激を描画できるようになることで、旧来の方法では描画が難しかった複雑な刺激が提示できるようになり、能動的行為の知覚への影響といったリアルタイム性を要求される刺激描画も可能になる。このような刺激提示を実現するため、本稿ではGPUを利用した高速な各種視覚刺激提示法について報告を行う。]
  • Polygon - [キーワードに一致 Graphic]
  • Ellipse - [キーワードに一致 Graphic]
  • Line - [キーワードに一致 Graphic]
  • Shape - [キーワードに一致 Graphic]
  • Color - [キーワードに一致 Graphic]
  • 必要環境 - [||VIA(S3 Graphics)||DeltaChrome(S8)以降 ||DeltaChrome(S8)以降 ||DeltaChrome(S8)以降 ||]
  • Drawable - [キーワードに一致 Graphic]
  • Figure - [キーワードに一致 Graphic]
  • Point - [キーワードに一致 Graphic]
  • SVGCanvas - [キーワードに一致 Graphic]
  • Color.Functions.AtoZ - [(DISPLAY GRAPHIC ELEMENT)|指定した領域の移動もしくは複写処理を行う。]
  • Canvas.Functions.AtoZ - [||Canvas||copy(Rectangle,const Rectangle,bool,const Color)||||||描画系{{br}}(DISPLAY GRAPHIC ELEMENT)||指定した領域の移動もしくは複写処理を行う。{{br}}copy(複写元領域,複写先領域,false){{br}}copy(移動元領域,移動先領域,true,移動元のカラー指定){{br}}bool指定はtrue:移動処理(cut),false:複写処理(copy){{br}}複写の場合、Color指定は不要。指定しても反映されない{{br}}bool省略時はfalseが設定される{{br}}例: Canvas A(Canvas::fullscreen);{{br}}Psychlops::Rectangle rect1;{{br}}Psychlops::Rectangle rect2;{{br}}rect1.set(100,100);{{br}}rect2.set(100,100);{{br}}rect1.centering();{{br}}rect2.centering().shift(100,100);{{br}}while(!Input::get(Keyboard::spc)){{{br}}A.rect(rect1, Color::yellow);{{br}}A.copy(rect1,rect2,true,Color::red);{{br}}A.flip();{{br}}}||バグのため後回し{{br}}]
  • Introduction::VideoCardGuide - [[[VIA Chrome S27|http://www.s3graphics.com/en/products/chrome_s27/]]搭載品[[XIAiS27-DV128DDRIII|http://www.xiai.jp/products/xiais27-dv128ddr3.html]]は10-bit CRT DACを搭載とコメントされてますが本当でしょうか。発売されたら買って試したいです。]
'Graphic'を含むページは全171ページ中、19ページ見つかりました。
検索: